VARISTA
ドキュメント
モデルの作成

モデルの作成

2021.02.26 (Fri)

このページの内容

ここでは、VARISTA上で機械学習モデルの作成する手順を解説します。
すでにデータがアップロードしてあることを前提とします。

モデルの新規作成

サイドバー › モデリング

を選択して、 モデリング 画面に移動します。
VARISTA Documents Model 1

  • モデルタブ: モデルの一覧表示します。+新規モデル ボタンから新しくモデルを作成することができます。
  • テンプレートタブ: モデルトレーニングに利用するテンプレートの管理を行います。
    詳しくはテンプレートを参照してください。

モデリング画面に移動したら、画面右の +新規モデル ボタンを選択します。
VARISTA Documents Model 2

新規モデル作成画面が表示されます。それぞれ設定項目は以下の通りです。

  • データ: モデルトレーニングに使用するデータを指定します。
  • 予測する列: 目的変数を指定します。
  • テンプレート: モデルトレーニングに使用するテンプレートを指定します。
  • モデル名: モデル名を指定します。(空欄の場合は、自動で)

VARISTA Documents Model 3

今回は、以下のように設定して 作成 を選択します。
テンプレートはVARISTAに用意されているXGBoost Regressorを使用します。

  • データ: train.csv
  • 予測する列: SalePrice
  • テンプレート: XGBoost Regressor
  • モデル名: 空欄(自動設定)

VARISTA Documents Model 4

モデルトレーニングが開始しますので完了するまで少し待ちます。
VARISTA Documents Model 5

モデルの作成が完了すると、以下のようなレポート画面が表示されます。
レポート画面について詳しく知る場合は、こちらのモデルレポート画面を参照してください。
VARISTA Documents Model 6

Made with
by VARISTA Team.
© COLLESTA, Inc. 2021. All rights reserved.