VARISTA
ドキュメント
プロジェクトの作成

プロジェクトの作成

2021.02.26 (金)

ここではプロジェクトの概念および、プロジェクトを作成する手順を解説します。


プロジェクトの概念

プロジェクトは、モデルやモデル作成に利用するデータ、デプロイなどを管理する概念です。

ワークスペースの作成が完了している状態でVARISTAにログインすると、サイドバーにワークスペースとプレイベートの二つのメニューが表示されています。

VARISTA Document Project

VARISTAでは、プロジェクトを以下のように定義しています。

ワークスペース
ワークスペースに所属するプロジェクトでワークスペースに招待した全てのユーザーが閲覧・編集することができます。

プライベート
ワークスペースに所属するプロジェクトで、プロジェクトを作成したユーザーのみが閲覧・編集できるプロジェクトです。


プロジェクトの作成

ここではワークスペース プロジェクトを作成しながら解説します。

サイドメニュー › ワークスペース
を選択してプロジェクト一覧を表示します。続いて、AI新規作成 を選択します。
VARISTA Document Project
続いて、プロジェクト名を設定し、OKを選択て次に進みます。
VARISTA Documents Project 1
データのアップロードについては、このステップでアップロードする場合に任意のファイルを選択します。
VARISTA Documents Project 2
このステップでデータのアップロードを行わなくても、プロジェクト作成後にアップロードすることも可能です。
ここでは、学習に利用するデータがあることを前提として解説を進めますので、ファイルをファイルセレクタで選択するか、ドラッグ&ドロップでアップロードします。
アップロード可能ファイルは以下の通りです。

  • 最大ファイルサイズ: 1024MB
  • ファイル形式: csv, tsv, xls, xlsx

ファイルをアップロードすると解析が始まります。解析にかかる時間はデータの行数と列数に依存します。
解析では主に以下のことを行います。

  • 行数
  • 列数
  • 列のタイプ判断
  • 列ごとの統計情報の集計

解析した結果はデータ一覧画面からアップロードしたデータを選択し概要を表示すると確認することができます。

VARISTA Documents Project 3

解析が完了すると、目的変数を指定する画面が表示されます。
VARISTAはデータの一番最終列を自動て目的変数に設定しますが、もし任意の変数に変更したい場合は変更します。
目的変数は後からも変更可能です。
VARISTA Documents Project 4

ここでは、SalePrice が選択されていることを確認して OK を選択します。

プロジェクトの作成が完了すると、以下の プロジェクト ダッシュボード が表示されます。
VARISTA Documents Project 6

以上で、プロジェクトの作成は完了です。

Made with
by VARISTA Team.
© COLLESTA, Inc. 2021. All rights reserved.